トップ10

順位 人物名 概要
渋沢栄一
大蔵省官僚、実業家

(1840年~1931年)
経営者という枠を超えて、明治時代の最大の大物と言われる。 多数の有力企業や銀行の創業に携わり、日本の近代資本主義の基礎を築いた。

江戸時代に豪農の息子として生まれ、 激動の幕末期に少年時代を過ごした。 10代のころから実家の手伝いで商才を発揮したという。

24歳のときに江戸幕府の視察団の一員として渡欧。 1年間の滞在で資本主義を学ぶ。 帰国後、静岡に日本で最初の株式会社を設立した。 さらに、誕生して間もない明治政府から懇願されて財務官僚となり、 日本の金融・財政システムを創設した。

その後、民間人になって現みずほ銀行、三井銀行、王子製紙、日本赤十字社、帝国ホテル、帝国劇場、日本郵船、石川島播磨重工、東京ガス、東京電力、札幌ビール、東京海上など約500社の企業を設立。 東京商工会議所や東京証券取引所の前身も創設した。 まさに伝説的な活躍ぶり。

2024年から発行される新しい1万円札の表紙に選ばれた。

参考:「小説 渋沢栄一」
盛田昭夫
ソニー共同創業者

(1921年~1999年)
共同創業者で技術者の井深大とともに、斬新な商品を次々と開発し、 日本製のラジオ、テレビ、CDプレーヤーなどを世界に普及させた。 ものづくりの時代が終わることを予見し、ハリウッドの映画スタジオを買収。米レコード会社も買収した。 損害保険の会社も成功させた。時代の先をよみ、実行する能力が卓越していたといえる。 「ものづくり」だけに頼っていたら、ソニーはもっとずっと早く沈没していただろう。

盛田氏が1990年代後半まで元気だったら、日本のIT業界はインターネット時代の波に出遅れることがなかったかも知れない。

参考:「小説 盛田昭夫学校(上)」→
松下幸之助
パナソニック創業者

(1894年~1989年)
松下電器産業(現パナソニック)の経営者。「経営の神様」と呼ばれる。 日本の電気製品が世界を席巻した時代を象徴する経営者。 家電にとどまらず、部品や住宅機器などの分野にも進出して成功。時代を越えて生き残れる体質を築いた。 戦後、多くの経営者にとって教師のような役割を果たした。
本田宗一郎
ホンダ創業者

(1906年~1991年)
戦後生まれの会社を、世界的な自動車メーカーへと急成長させた。日本の車とバイクを世界に普及させた。技術者出身の経営者として卓越した能力を発揮した。
稲盛和夫
京セラ創業者

(1932年~)
製造業において、京セラの創業者として大成功した後、NTTに対抗する通信会社を作り上げた。JALなどの立て直しにも貢献。通信や航空などお役所的になりがちな業種の経営に民間の魂を吹き込んだ。

経営塾を通して、多くの教え子を育てた。
孫正義
ソフトバンクグループ創業者

(1957年~)
インターネット革命において世界の中心になれなかった日本において、その遅れを挽回すべく尽力した。日本国内の通信料金の値下げに多大な貢献をした。

役所的な体質を残していたNTTグループを競争によって追い込むことで、通信業界を活性化。 高速インターネットやモバイル通信の普及に果たした役割は大きい。

また、世界に通用するベンチャー投資企業として存在感を示した。 まだ無名だったころの中国アリババや米国ヤフーなどに投資した。

野村證券にいた北尾吉孝氏をスカウトし、 証券業界にネット取引の旋風を起こした。
永守重信
日本電産創業者

(1944年~)
日本の製造業が1990年代以降に劣勢に立っていくなかで、経営者としてのたぐいまれな手腕を発揮。不振企業を次々と買収して立て直した。
豊田章一郎
トヨタ自動車社長

(1925年~)
トヨタを名実ともに「世界企業」に育て上げた。 「現場第一主義」を貫いた。

トヨタ自動車の創立者・豊田喜一郎の長男として生まれた。名古屋大学工学部卒。 戦後の大争議直後に父が急死し、27歳で取締役として入社する。

副社長まで歴任。1981年トヨタ自動車販売社長。1982年7月「工業」と「販売」が合併、トヨタ自動車社長。1992年から会長。 経団連会長も務めた。

息子(長男)の豊田章男も社長になった。
小倉昌男
ヤマト運輸社長

(1924年~2005年)
日本初の宅急便(宅配便)を実現した。

新しいアイデアを次々と実行し、 社会の常識や組織の限界を次々と打ち破った改革者。 がんじがらめの規制と徹底的に戦い、宅配便を生活に欠かせないサービスとして定着させた。 官と闘い、反骨の経営者と呼ばれた。

父親が経営する大和運輸を継ぎ、1971年に社長に就任。 1976年に宅急便(後の「クロネコヤマト」)を始めた。 個人向けの小口貨物輸送といえば郵便小包か国鉄小荷物しかなかった。電話一本で玄関まで荷物を取りに来てくれる便利な宅配便は、またたくまに消費者に受け入れられ、輸送量は倍々ゲームで増えていった。

ところが、規制の壁が立ちはだかる。宅急便を全国展開しようとしたヤマトに対し、護送船団方式を貫く旧運輸省(現国土交通省)が路線免許を出し渋り、行政訴訟に発展。旧郵政省(現総務省)とも、ヤマトの始めたメール便が、郵便局しか配達が認められない信書便にあたるかどうかをめぐって対立した。

ヤマトは1997年、東京・小笠原を最後に全国配送網を完成させた。宅配便市場には他社も参入。日本郵政も追随した。

経営の一線を退いたあとは、障害者を支援してきた。1993年、私財を投じてヤマト福祉財団を設立。障害者と健常者が一緒に働くパンのチェーン店「スワンベーカリー」を全国につくった。そこにも「障害者の自立をだれも真剣に考えていない」という現状への怒りがあったという。
10 馬渕隆一
マブチモーターの元経営者

(1922年~2005年)
創業者の兄・健一とともに、小型モーターの分野で世界で圧倒的な地位を築いた。 兄が一線を退いた後は一人で経営を担った。 バブル経済の1980年代、多くの製造業が多角化で失敗するなかで、「モーター専業」という立場を貫いた。 温厚で謙虚な人柄で知られる。
11 山内溥(ひろし)
任天堂社長

(1927年~2013年)
日本のテレビゲーム業界の生みの親。 「おもちゃ」で子供たちの遊びを変えた。 「ファミコン」「ゲームボーイ」などのゲーム機、そして「マリオ」「ポケモン」「ゼルダ」などのキャラクターを世界に送り出した。

戦後間もなく、早大専門部法律科に入学した。だが、祖父が病に倒れ、明治二十二年に京都市で創業した花札屋・合名会社山内任天堂の看板が肩にかかってきた。1949年(昭和24年)、大学を中退し、任天堂の製造販売会社・丸福の社長に就任。百人ほどの従業員と「大統領印」の看板を22歳で背負うことになる。

花札作りは手作業にかかっている。社員たちは、京都市内にある数百軒の内職先に、自転車で材料を配っては出来上がった花札を回収する毎日だった。それだけに、山内には予感するものがあった。「世の中が落ち着けば、内職家庭は確実に減る」

1952年、現在の東山区に本社工場を建設、機械化に踏み切った。翌年にはディズニーのキャラクターを使ったプラスチック・トランプの生産を始め、これが大ヒット。1962年、山内は社長就任14年目で、大阪証券取引所第二部と京都証券取引所への上場という一つの念願を果たす。

翌年、社名もいまの任天堂に変えたが、日本は高度成長期に入って娯楽も多様化の道をたどり、トランプ・ブームは冷えていく。

苦闘の時代の始まりだった。即席ラーメンをヒントに、乾燥米にお湯をかけただけで食べられるインスタントライスを売ってみた。倉庫は返品の山であふれ、やはり娯楽で勝負するしかないと悟る。

1969年、アポロ11号が月面着陸に成功し、人類が初めて月に立った。科学技術の進歩を目のあたりにし、「エレクトロニクスが応用出来ないか」とひらめく。「人工衛星にも使われている太陽電池で、面白いものを開発しよう」と、技術陣からも声が上がる。太陽電池の売り込みに熱心だったシャープとの協力で、光線銃SPが生まれた。

その後、初期のテレビゲーム機ともいえる「ブロック崩し」や、インベーダーゲーム機などを手がけてみたが、「従来の発想から抜け切れていない」と、ゲームソフトの社内コンテストを思いつく。

これに応募したのが、後にマリオシリーズのソフトを手がけ、ゲームデザイナーの第一人者となる宮本茂だ。金沢美術工芸大を卒業し、トランプやかるたのデザインを担当していたクリエイティブ課員だった。

1980年、液晶電子ゲームとデジタル時計を組み合わせた「ゲームウォッチ」が誕生する。電卓からヒントを得た。五千八百円の値段に珍しさも手伝って、一年で1600万個売れた。

しかし、ブームが去るのは早かった。一つのハードで一つの遊びしかできないゲームは限界があると悟った。そこで、ファミコンと「ドンキーコング」の試作にこぎつけた。それまでにも家庭用のパソコンゲームはあったが、人物の縦横無尽な動きに加え、操作次第で毎回変わるストーリーが新鮮だった。茶色の毛のゴリラ。ピンクのドレスのお姫さまというキャラクターもユニークだった。

ファミコンは1980年代の世界市場を席けんした。日本国内に多数のソフト会社やゲームクリエイターが育ち、その後、海外で活躍する起点となった。任天堂はその後も「スーパーファミコン」「ゲームボーイ」「ニンテンドーDS」「Wii」など次々と人気ゲーム機を大ヒットさせた。

新たな文化や産業の育成にも私財を投じてきた。06年にオープンした京都・嵐山の小倉百人一首の展示施設「時雨殿」の建設には、21億円を提供。10年に完成した京都大学のがん治療の拠点病棟「積貞棟」の建設では、事業費の全額約75億円を寄付した。
12 柳井正(やない・ただし)
ユニクロ社長

(1949年~)
奇をてらわないシンプルな服を量産し、割安で販売するスタイルを追求。 ユニクロを日本で断トツ1位の衣料品店の育てた。 さらに、世界にも通用する競争力とブランド力を築いた。
13 江副浩正(えぞえ・ひろまさ)
リクルート創業者

(1936年~2013年)
戦後の日本が生んだ偉大なベンチャー起業家。 学生時代に創業。 就職情報誌を大成功させ、一大情報メディアをつくりあげた。 しかし、東京地検のやや強引な捜査によって、経営者としての生命を絶たれた。

ホリエモンのたどった運命にやや似ているが、 ホリエモンが買収によって会社を大きくしたのに対して、 江副は様々な新規事業をゼロから作り上げていった。

創業以来の自由な社風から、リクルートにはユニークな人材が集まり、起業家ら多くの人材を輩出した。“卒業生”の中には、東京・杉並区立中学校長に転身して、その後も教育再生などで発信を続ける藤原和博さんや、NTTドコモに転職して「iモード」の生みの親となった松永真理さんらがいる。

1989年にリクルート事件で逮捕・起訴されて以降は長く沈黙を守り、マスコミなどに登場することはなくなった。

1992年には、リクルート株をダイエーに譲渡した。株式譲渡益などで得た多大な資産を文化活動に注入し、若手音楽家を育成するための財団「江副育英会」などを設立。東京・新橋の同会事務所に毎日、顔を出していた。2002年からはオペラ制作にも進出。舞台設営からオーケストラの手配まで億単位の資金を供出する日本オペラ界を代表する“パトロン”でもあった。
14 中山素平
日本興業銀行の元頭取

(1906年~2005年)
戦後の経済成長を支えたバンカー(銀行家)。 金融界の重鎮として、産業界の業界再編にリーダーシップを発揮した。 富士製鉄と八幡製鉄の合併による新日鉄の誕生などが有名。 愛称は「そっぺい」
15 鈴木敏文
セブンイレブン元経営者

(1932年~)
セブンイレブンの元経営者。 アメリカ生まれのコンビニという業態に、日本人的なきめ細かな管理システムを導入。革新的な業態に発展・普及させた。日本人の生活を格段に便利にさせた。 最終的には、米国の本家セブンを買収した。

しかし、退任後、この人がセブンイレブンを経営している時代に、アルバイト・パートの残業代の一部を払っていなかったことが発覚。 鈴木氏の金儲け主義の弊害が明らかになった。
16 宗次徳二(むねつぐ・とくじ)
ココイチ(CoCo壱番屋)創業者

(1948年~)
日本式の家庭風カレーを新しい外食文化として定着させた立役者。 いわゆる「捨て子」として孤児院で育ち、養子に入った後も過酷な極貧生活を送ったことで知られる。 夫婦でイチからカレー屋を立ち上げ、約20年で世界一のカレーチェーン店を築いた手腕は見事。 それ以上に、早朝から会社を自ら掃除し続けるなど、謙虚な性格で尊敬を集めている。 53歳の若さで引退し、プロパー社員に後継の道を譲り、「引き際」も鮮やかだった。 人柄の大切さを教えてくれる名経営者。
参考:動画→


 運営:ベスト・ビジネス